運動不足と新型コロナ 重症化や死亡率との強い関連性

yahooニュースのこの記事によりますと、

https://news.yahoo.co.jp/articles/b3ad9284ae798f30491488d6fdb03d6f60edbe49?page=1

「運動不足」は、新型コロナウイルス感染症の重症化や、同感染症を原因とした死亡リスクの増加とつながりがあるそうです。

それも、肥満や喫煙基礎疾患やその他のリスク要因よりも強力な危険因子であるとのこと。

継続して心身ともに適度なストレスを与えてあげることで免疫力が高まるのという結果なのかな?

”米保健福祉省(HHS)が出した指針では、中強度の運動を週150~300分、または激しい有酸素運動や、激しい運動と中強度の運動の組み合わせを週75~150分することが推奨されている。”という所に注目ですね。

但し、運動の直後は一時的に免疫力が弱ることがありますので、短期的な体重減に拘らずに、バランスの良い栄養と休養をお与えくださいね。

ネクスタイルでは、出来うる感染予防対策を施して、皆様のご利用をお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です